スポンサードリンク

マンツーマン方式 英会話 メリット デメリット



英会話の上達に効果的な方法は、マンツーマンで習うことだと言います。グループレッスンに比べ格段に上達するスピードが速くなります。マンツーマン方式で英会話を習う場合のメリットは、自分の目標、レベル、スピードに合わせてレッスンを受けることができることです。マンツーマン方式では受講者が話さなくては前に進まないため、とにかく会話量が多くなります。先生と一対一なので、他の生徒を気にすることなく、リラックスしてどんなことでも質問することが出来ます。一単位の時間にマンツーマン方式で英会話の勉強をする場合、グループレッスンよりも、自分で発音したり、聞き取る英語の数は大変多いと言えます。

しかし、マンツーマン方式の英会話にもデメリットはあります。一回の授業料が、グループ方式の英会話のレッスンよりも高いということです。英会話教室では、授業を行う先生に授業料を支払うだけでなく、駅や車内での広告、インターネットの広告作成料など、英会話教室のための費用がたくさんかかります。マンツーマン方式の英会話では、こうした金額を含む授業料を一人で負担しなければなりません。また、マンツーマン方式の場合、他の生徒との交流がなく、自分以外の人の様子が分かりません。そのため他の人の表現などを聞くことができず、自分の英会話の弱点にも気づきにくいと言えます。

英会話を習う場合出来れば、すべてマンツーマン方式で英会話の授業を受けるのではなく、マンツーマン方式とグループ方式を組み合わせて英会話の授業を受けるのが良いでしょう。そうすることで、グループレッスンでは英会話を学習する人の姿勢を知ることが出来ます。マンツーマン方式では、皆の中ではなかなか聞きづらい質問も聞くことが出来るというように両方のメリットを受けることができます。




posted by 言葉の勉強伝達人 at 19:23 | 英会話
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。