スポンサードリンク

幼児 子供 英会話



幼児・子供の時期は、脳が発達していく過程で、音を認識する能力が伸び一番語学力が発達する時期です。今では多くの幼稚園や保育園で、幼児英会話教育が取り入れられています。この時期にネイティブの人の発音を耳にすることは、正しい音を認識するためにもとても意味のあることだと言えます。幼児・子供の時期から英会話のスクールに通うことは、最近では珍しいことではありません。幼児・子供の英会話教室もとてもたくさんあり、どこの英会話教室を選んだらいいのか悩む方も多いでしょう。

ネイティブの教師の中では、子供を教えることができる教師が一人前だといわれています。子供を教えられる先生は、必ず大人も教えることができます。けれども、大人を教えるのがうまいネイティブの教師が子供にも教え方がうまいかというと、そういうわけにはいきません。幼児・子供を教えるのが上手な教師は、子供にいかに英会話の動機付けができるかにかかっています。例えば、最初の挨拶をするにしても、上手なネイティブの英会話教師なら、おもちゃなどを示しながら、冗談を言って子供を楽しませ、子供の興味を惹きます。

幼児・子供を英会話教室に入れる場合には、まず実際に子供を体験教室に入れてみましょう。そして、幼児・子供の反応やレッスン内容を比較してから選びたいものです。また、送り迎えを考えればできるだけ自宅に近い所が負担が少なくてすみます。幼児・子供の英会話教室には、イーオン子供英会話、小学生のためのマンツーマン英会話のガバ・グローバル・スターズやミネルヴァの幼児・子供のための英会話教室、ヤマハ音楽教室の英会話教室などがあります。

英会話スクールに通わせられなくても、幼児・子供の英会話は、お母さんと一緒に、英語の絵本を見ながら、DVDやCDソフトで学習する方法もあります。毎週決められた時間に英会話教室に通うのではなく、お母さんの手の空いた時間に好きなだけ子供と英会話の勉強が出来ます。歌ったり、踊ったりしながら教えれば、子供が楽しく遊びながら英語を頭の中にインプットすることができます。頭のやわらかさや好奇心が豊富な幼児・子供の時期に、性格や適正などに合った英会話の学習方法を探してみましょう。




posted by 言葉の勉強伝達人 at 20:39 | 英会話
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。